旅のお楽しみはやっぱり、食!人気の日本食ランキング

日本を訪れる人の多くは「日本食」を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。ホテルや料亭でいただく懐石料理などの本格和食もいいけれど、「ラーメン」や「たこ焼き」などのB級グルメが特に人気。世界的にも有名な「WAGYU」もおススメです。プライベートツアーのスタッフと事前にお店をリサーチしたり、貸切車のドライバー、ホテルスタッフにお気に入りのお店を教えてもらったりしても良いでしょう。もちろん、散策中、気になったお店に入るのもアリ!

【第1位 ラーメン】

日本では、嫌いな人はまずいないと言っても過言ではない「ラーメン」。庶民の味として定着し、子どもから年配者まで多くの人に親しまれており、具材やスープ、麺などお店や地域ごとにそれぞれ異なる味のラーメンがあります。中にはさまざまな店を食べ歩いたり、地域ごとに食べ比べしたりする熱烈なファンもいます。有名店に行くのもよし、散策中に気になったお店に入るのもよし、気軽に食べられるのもラーメンの魅力のひとつです。特にお酒を飲んだ後のラーメンは最高!これが日本流のスタンダードなラーメンの楽しみ方です。たいてい、どこの街にもラーメン屋さんはあるので、宿泊先やタクシー、貸切車のドライバーに尋ねてみても良いでしょう。

■ラーメンの主な種類

ラーメンの種類はさまざまですが、スープのベースとなる代表的な味付けは4種。お店ごとに、スープに工夫がされているので、同じベースのラーメンでも味が異なります。

・とんこつ

福岡県など九州地方から発展。

豚ガラを煮込んでできたスープにしょうゆなどで味付けをしたもの。コクがあり食べ応えがあります。

・しょうゆ

関東地方で好まれているオーソドックスな味。しょうゆをベースにした濃い口のスープが特徴です。

・みそ

北海道など寒い地方が発祥。

濃厚なみそスープに、コーンなどが入っており、やさしい口当たりです。

・しお

北海道・函館が発祥と言われています。塩をベースにさっぱりした風味が楽しめます。

【第2位 スシ】

「日本食=スシ」と認知している人も多いのでは?今ではポピュラーな日本食として、世界中で知られるようになりました。スシは、酢で味付けした白米に、刺身などの海鮮をのせて食べる小さなフードです。刺身は、マグロ、タイ、イカ、イクラ、ウニ、貝類のほか、野菜などと巻いた巻きずし(ロールすし)などがあります。鮮度が高いほど「美味しい」と言われており、漁港の近いエリアのスシは特に期待できます。スシ店も、だいたいの都市にありますが、リーズナブルな店から高級店まで価格はさまざまです。事前に予算を決めて、お店を選ぶと良いでしょう。宿泊先や貸切車のドライバーに尋ねるとおススメのお店を教えてくれるかもしれません。気軽に楽しみたいなら、回転ずしやチェーン店がおススメです。

■スシレストラン検索サイト:https://r.gnavi.co.jp/food/sushi/

■人気の回転ずし店

・スシロー:https://www.akindo-sushiro.co.jp/shop/

全国516店舗あり、100円からスシが食べられます。揚げ物などサイドメニューも充実。

・くら寿司:http://www.kura-corpo.co.jp/store/index-cp.html

北海道や福島県を除く全国にあり、添加物を極力減らした、味にこだわりのあるすし店です。

・かっぱ寿司:https://www.kappasushi.jp/

こちらも日本ではポピュラーなスシ店で天ぷらスシなどの変わりダネも豊富です。

【第3位 たこ焼き】

関西地方が発祥で、現地民のソウルフード。外国人からも人気が高いB級グルメです。小麦粉のベースの中に大きなタコを入れ、こんがりと焼き、濃厚なソースでいただきます。ファストフード感覚で、散策中に小腹が空いたら食べたいフードです。焼きたてのアツアツがおススメです!

本場のたこ焼きなら、大阪の道頓堀が有名です。色々なお店のたこ焼きを味わうなら、「たこ焼きミュージアム」がおススメです。他にも小麦粉がベースのお好み焼きやもんじゃ焼きもあります。

■たこ焼きミュージアム(大阪府・此花区ユニバーサルシティーウォーク内):https://osaka-info.jp/page/osaka-takoyaki-museum

■たこ焼きミュージアム(東京都・お台場):https://www.odaiba-decks.com/news/event/takoyaki.html

■たこ焼きチェーン店

・築地銀だこ:https://www.gindaco.com/

全国展開のあるポピュラーなたこ焼きチェーン店です。通常のソースのほか、ピザポテト、ネギマヨネーズなど変わった風味も楽しめます。持ち帰りもOKです。

・道頓堀 くくる:http://www.shirohato.com/kukuru/index.htm

こちらも日本ではメジャーなたこ焼きチェーン店。本場の大阪が発祥で、「たこ」にこだわりがあり、食べ応えがあります。

【第4位 そば・うどん】

日本で古くから食べられてきた蕎麦は、穀物のソバの実を粉状に練り、伸ばした後に細く切って麺にしたもの。出汁をとったつゆにつけていただく「もり蕎麦」と温かいつゆに蕎麦を入れた「かけ蕎麦」があります。お店により、蕎麦の打ち方やつゆに特徴があります。さっぱりした食感で、胃腸にもやさしいとされています。蕎麦はズズズッと音をたてて食べるのが、日本式です。そばの全国チェーン店はほとんどないので、拠点都市で探すのがベストです。

(※「蕎麦アレルギー」のある方は食べられませんので要注意。)

一方うどんは、小麦粉と食塩を混ぜて練り、棒状にした麺。蕎麦と違い、モチモチとした歯ごたえがあるのが特徴です。こちらも出汁をとったつゆにつけたり、つゆにいれて温めたものを食べたりするのが一般的。冬は煮込んだり、野菜など具材と炒めて食べる焼うどんなどがあります。

近年、外国人からも注目を集めており、「讃岐うどん」で有名な香川県には本場のうどんを求めてやってくる人が増えています。

たいてい、どこの街にも蕎麦屋さん、うどん屋さんはあるので、宿泊先やタクシー、貸切車のドライバーにおススメのお店を教えてもらっても良いでしょう。

■うどんチェーン店

・はなまるうどん:https://www.hanamaruudon.com/

本場の讃岐(香川県)うどんを提供するチェーン店で日本ではポピュラーなお店。種類が豊富なので何回いっても飽きません。手軽にうどんを食べてみたい時におススメです。

・美々卯:http://www.mimiu.co.jp/

関西発祥で、うどんをはじめとしたやや高級な和食レストランです。うどんと具豊富な具材を煮て食べる「うどんすき」が食べられるのはここだけ。ファミリーやカップルで楽しめます。

【第5位 肉料理】

「WAGYU」として、世界的に注目を集める日本のブランド牛。高級品ですが、良質な脂身と赤味のバランスの良い味わいは絶品!鉄板焼きやステーキなど、シンプルな調理法でいただくのがおススメです。日本式の「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」などもお肉の味を引き立てる食べ方ですので、ぜひ!地域やレストランごとに扱っている和牛は異なるので、事前に確認してから行くと良いでしょう。

■WAGYUの主な種類

日本のブランド牛はすべて黒毛和牛種。引き締まった弾力のある食感、とろけるような脂身が堪能できます。ブランド牛は生産地から近いエリアで食べるのが一番ですが、探せば都市部にもあります。

・神戸ビーフ:http://kobebeef-org.jp/

神戸牛は、兵庫県で生産された但馬牛からとれる肉で、一定の基準を満たした場合のみ神戸牛と呼ぶことができます。日本三大和牛の一つです。

・松坂牛:http://www.frogmark.com/restaurant/164.html

三重県、松坂市周辺で生産されたビーフ。柔らかな質感とキメの細かい霜降りの肉が特徴。

・近江牛:https://restaurant.ikyu.com/area/tokyo/t-food1745/

約400年の歴史があり、日本でもっとも古い和牛で滋賀県が発祥です。柔らかく、脂肪の甘味があるので、薄切りでしゃぶしゃぶやすき焼きでいただくのがおススメ。

日本の観光情報を発信中

メールマガジン

日本国内各地の観光情報、旅行時のアドバイス、日本文化・慣習を中心に情報をどんどん発信してまいります。また、最新旅行トレンドも随時ご紹介をしてまいりますので、ぜひご購読ください。