自然が織りなす美を堪能!日本の自然景観5選

海に囲まれた島国で、内陸部には雄大な山々がそびえる日本は、自然美の宝庫。世界自然遺産に登録されている有名スポットのほかにも、人気アニメの舞台になった場所や池や湖との景観が素晴らしい場所もあります。数えきれないほど絶景スポットがありますが、今回は特に訪れたい5ヵ所をご紹介!どのスポットも公共のバスが出ていますが、効率よく巡るには貸切車がおススメです。また、トレッキングや散策で身体を動かすので、貸切車を使った方が移動中もリラックスできるでしょう。

1.富士山(山梨県・静岡県)

言わずと知れた日本のシンボルであり、世界遺産にも登録されている富士山。訪れる時期や場所によって見え方が異なるのも特徴です。うっすら山頂に雪が残っている姿や、山梨県の河口湖をはじめとした湖に映る景観など、さまざまな楽しみ方があります。もちろん本格的な登山で、頂上からの景色を眺めるのも良いでしょう。日本が誇る美しい富士山は、ぜひ一度は訪れてほしい場所です。東京、横浜、名古屋からは車でのアクセスが便利です。

■開山期間・山梨県側(吉田口)7月上旬~9月中旬

・静岡県側(富士宮口・須走口・御殿場口)7月中旬~9月上旬、定休日:年中無休

■アクセス:

■周辺情報

・新倉山浅間公園(山梨県・富士吉田市):https://www.arakurayama-sakura.com/

富士山見物の絶景スポットとして有名です。日本らしい五重塔越しに見える富士山は、まさに絶景!遮る建物がなく、眼下に市街地も一望できます。春は桜が見事なので、桜と富士山、五重塔の景観は圧巻の美しさです。

・田貫湖(静岡県・富士宮市):http://www.city.fujinomiya.lg.jp/kankou/llti2b00000018ga.html

朝霧高原の一角にある湖で、富士山の全景を見ることができます。湖面に映る「逆さ富士」のほか、4月20日前後と8月20日前後の約1週間は、富士山頂から登る朝日が輝き、「ダイヤモンド富士」という絶景を見ることができます。日が落ちるときの夕焼けに染まる富士山も何とも言えない美しさ。ハイキングやボート、キャンプ場としても利用できるので、レジャーついでに富士山見学もおススメです。

2.高千穂峡(宮崎県) :http://takachiho-kanko.info/sightseeing/takachihokyou.php

宮崎県を流れる五が瀬川流域の峡谷で、高いところで100m、平均80mの断崖が7㎞に渡り続きます。国の天然記念物、名勝に指定されています。中でも約17mの高さから川に落ちる「真名井の滝」は、圧巻の美しさを誇ります。他にも、アーチ型の橋が架かる高千穂三橋など峡谷美を堪能できるスポットが点在しています。遊歩道を散策するのもよし、貸しボートで峡谷の合間を進むもよし、どちらでも絶景が楽しめます。山の中のため、貸切車で訪れたいスポットです。

■アクセス:

■周辺情報

・国見ケ丘:http://takachiho-kanko.info/sightseeing/kunimigaoka.php

標高513mの国見ケ丘は雲海の名所として人気のスポット。見頃は秋の早朝で、雲海(霧)が高千穂盆地や山々を覆い、神秘的な景観を作り上げます。普段の晴れた日には、山々や市街地を一望でき、大パノラマの景色を楽しめます。ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一つ星を獲得した展望の名所です。

3.白谷雲水峡(鹿児島県):http://www.kagoshima-kankou.com/guide/10740/

標高600~1,300m、面積424haに渡り、手つかずの原生林、自然がそのままの景観を生み出しています。有名なジブリアニメ「もののけ姫」のモデルにもなった場所で、見事な屋久杉や緑の苔に覆われた岩の間を流れる滝が美しく、心から癒されるでしょう。 天然の鹿に遭遇できる可能性もあります。

■アクセス:

■周辺情報

・桜島:http://www.kagoshima-kankou.com/feature/sakurajima/top/

鹿児島県のシンボル桜島は、約4,500年前から活動を続ける火山。今も噴煙を上げ、ダイナミックな姿を望むことができます。火山ガイドとの散策プランやカヤック体験など体験プログラムも充実しています。貸切車でドライブしながら桜島鑑賞スポットを巡るのもおススメです。

4.八方池(長野県):http://www.happo-one.jp/trekking

雪が残る白馬連峰が鏡のような湖面に映され、素晴らしい自然美が堪能できます。標高2.060mもの高地にありますが、多くの観光客が訪れます。池にたどり着くまでのハイキングコースには、日本百名三のうち11峰が見渡せる絶景スポットがあります。貴重な高山植物や日本の特別天然記念物の日本カモシカやライチョウの姿を見れることも。ベストシーズンは5月~10月です。

トレッキングで体力を使うので白馬から貸切車で移動するのがベストです。

■アクセス:

■周辺情報

・白馬八方温泉:http://hakuba-happo-onsen.jp/

八方池や白馬散策のあとは、美肌効果の高い天然温泉でゆったり疲れを癒しましょう。露天風呂や展望を楽しみながら疲れる足湯施設など、公衆浴場が充実しています。カフェやフードコート併設の施設もあるので休憩にもぴったりです。

・八方アルペンライン:http://www.happo-one.jp/trekking/alpenline

トレッキングは苦手…という人には北アルプス連峰をはじめとした山々を大パノラマで見物できるゴンドラリフトでの空中散歩がおススメ。標高差1,060mを約40分で登り、八方池の登山入り口まで登ることができます。3ルートを通っているため、確認して乗車しましょう。例年6月上旬から10月末まで運行しています。(要確認)

5.知床(北海道):https://www.shiretoko.asia/

北海道の東北に位置し、世界遺産として登録されています。知床は、手つかずの自然景観を維持されており、野生の天然記念物をはじめ、ここでしか見られない希少な動物、植物が存在しています。山々が連なり、すぐそばには海と山がそびえ、雄大な自然美を堪能できます。原生林に囲まれた知床五湖や絶景として名高い知床峠のほか、エゾシカの生息地プレぺの滝、天然温泉の滝カムイワッカの滝など見どころがたくさんあります。広大な北海道では、車で移動が必須のため、貸切車で気兼ねなく観光巡りをするのがベストです。

■アクセス:

■周辺情報

・知床世界遺産クルーズ:https://www.shiretoko.asia/list_cruise.html

陸とはまた異なり、海上からしか見られない知床原始の姿を眺めることができます。観光船では壮大な風景と鮭を追う熊、イルカの群れなど野生の生態系を目にできるかもしれません。より間近で自然を堪能したい人は小型クルーザー、野生動物ウォッチングコース、揺れの少ない大型遊覧船などいくつかのコースがあります。

・流氷体験:https://www.shiretoko.asia/shiretoko_ryuuhyou.html

毎年2月上旬から3月末にかけて、知床・ウトロでは流氷が流れ着きます。ウトロ周辺やプユニ岬から流氷の絶景を眺めることができます。特に海に沈む赤い夕日と流氷の景色は圧巻。この時期は流氷の上を散策したり、流氷の中のダイビングなど体験ツアーも開催されているので、興味のある人はぜひチャレンジしてみては?

日本の観光情報を発信中

メールマガジン

日本国内各地の観光情報、旅行時のアドバイス、日本文化・慣習を中心に情報をどんどん発信してまいります。また、最新旅行トレンドも随時ご紹介をしてまいりますので、ぜひご購読ください。