観光も食事もできる!日本で人気のショッピングエリア(東京・大阪編)

日本で最も人気のあるショッピングスポットと言えば、東京&大阪。全国の拠点都市にも、もちろんショッピングスポットはありますが、ショッピングメインの旅で、規模や品揃えを求めるなら、やはり東京か大阪がベスト。それぞれのエリアに特徴があり、異なった街の雰囲気を楽しめます。アクセスも良いので観光拠点としても良いでしょう。車を貸し切って、効率よく回りたいですね!

■関東編

1.銀座(東京都・中央区)

古くから栄えた伝統ある街で、日本では今でも他の街と一線を画す風格があります。路地に入れば、老舗の専門店や昔ながらのモダンな建物などが並んでいます。

メインの「銀座四丁目」交差点には、銀座のシンボル「和光(老舗高級デパート)の時計台」や、「MIKIMOTO」「山野楽器」「銀座三越」など日本の有名店、ほか海外の一流ブランド店が立ち並んでいます。近年では、「ユニクロ」「ZARA」などファストファッションも進出。「ユニクロ」などは、他の店舗とは異なる品揃えが楽しめます。他にも、日本の老舗デパート「松坂屋」や2017年にオープンした複合商業施設「銀座SIX」、老舗画廊や文具店「伊東屋」、靴の「かねまつ」「ダイアナ」などの路面店があります。「大人の街」として知られ、老舗レストランや高級バー、ラウンジなども点在しています。近くには「歌舞伎座」「帝国劇場」など、日本の伝統文化の拠点もあり、文化芸能の街としての一面もあります。東京駅や下町からアクセスが良いので、浅草やスカイツリー観光のあと、銀座には車で30分程度で行くことができます。

■アクセス:

■見どころ

・歌舞伎座:https://www.kabuki-za.co.jp/miyage/

歌舞伎座の1・3・5階。地下2階には、歌舞伎座名物やお土産店があり、日本ならではの歌舞伎座オリジナルグッズを購入できます。名物の「めでたい焼き」などを楽しめるお店も。歌舞伎鑑賞はもちろん、観光巡りとしても訪れたいスポットです。

・銀座SIX:https://ginza6.tokyo/

2017年にオープンした複合商業施設で、銀座の新名所となっています。中央の吹き抜けには有名アーティストの作品が装飾されており、眼を奪われます。館内のあちこちにパブリックアートが施されているので、見ているだけでも楽しい。施設内にはコスメやファッションのラグジュアリーブランドの他、日本初出店のスイーツやレストランなどがたくさんあり、トレンドを感じることができます。

2.新宿(東京都・新宿区)

日本一の繁華街である新宿は数々の映画、アニメ、ゲームの舞台としても有名。デパートや商業施設が多くあり、最先端のトレンドファッションや電化製品などをチェックできます。オフィス街の西新宿エリアには、「京王」「小田急」のデパートや電気屋があります。南口には「高島屋」デパートや「ルミネニュウマン」、長距離バスの発着所「バスタ新宿」、東口は「ルミネ」、「ビックロ」(ユニクロと電気屋ビックカメラの複合ショップ)、「丸井」など人気の商業施設や日本一お洒落なデパートとして知られる「伊勢丹新宿店」などがあります。薬局も点在していますが、100円ショップは目につきにくいかも。東京駅からは車で20分程度、ショッピングでは荷物が増えるので貸切車を利用したほうが楽ちんです。

■アクセス:

■見どころ

・ビックロ:https://www.uniqlo.com/jp/shop/bicqlo/

家電量販店のビッグカメラとユニクロの共同店舗。ビックカメラは新宿エリアでは最大級の規模を誇ります。衣料品と電化製品が並ぶ「ごちゃごちゃ感」が狙いで、ファミリーやカップルでも楽しめるショッピングスポットです。

・伊勢丹新宿店:https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

コスメ、ファッション、グルメ、家庭用品、ブランドショップなど、最先端の品揃えで、国内外から注目を集めるデパート。日本のトレンドが集約していると言っても良いでしょう。ウインドウショッピングをするだけでも楽しめます。

3.渋谷・原宿・表参道(東京都・渋谷区)

日本のストリートカルチャー発祥の街で、若者文化が根付く街。国内外から多くの観光客が訪れます。特に渋谷駅前のスクランブル交差点は有名です。渋谷には、若者が多く集まるセンター街や「SHIBUYA109」、駅の東口には「ヒカリエ」、南口には「渋谷ストリーム」など大人向けの複合商業施設があります。

東口から明治通りを30分程度進むと、原宿・表参道があります。原宿は、日本のポップカルチャーの聖地で有名な「竹下通り」があります。一方、表参道~青山は落ち着いた雰囲気のある大人の街。ハイセンスなショップやブティック、カフェ、レストランが並びます。

東京駅から車で20分程度、公共交通のメトロは乗り方が複雑なので、効率良く回るためには貸切車で送迎してもらったほうがスムーズです。

■アクセス:

■見どころ

・表参道ヒルズ:https://www.omotesandohills.com/

ラグジュアリー感のある複合商業施設で、本館の内部は6層分の吹き抜け構造。床をスロープ状に傾斜させているスパイラルロープという珍しい通路でつながっています。スイーツ店などもあるので、一休みに立ち寄ってみては?

・竹下通り:http://www.takeshita-street.com/map.html

「Cawaii!」ファッション雑貨やスイーツ店が並び、歩いているだけでも楽しい。ポップなファッションの若者に出会えるかもしれません。原宿では「クレープ」が有名で、食べ歩きしながらの散策もおススメです。

■関西編

1.梅田(大阪市)

梅田には、大型商業施設やデパート、家電量販店など多くのショッピングスポットがあります。

日本の家電量販店の中で最大の規模を誇る「ヨドバシカメラマルチメディア梅田」、大観覧車やアミューズメント施設もある「HEP FIVE OSAKA」、ラグジュアリーブランドも揃う老舗デパート「阪急梅田」、「大丸梅田店」、トレンドファッションが揃う「LUCA Osaka」、大型商業施設「グランフロント大阪」などホットスポットが目白押し。関西空港から車で1時間ほどなので、梅田を拠点にすれば、ショッピングや食事、観光巡りにも便利です。

■アクセス:

■見どころ

・グランフロント大阪:https://www.gfo-sc.jp/

ファッションから雑貨、ライフスタイル、コスメ、飲食店など266の店舗が入った大型商業施設。国内外のセレクトショップなどが充実しており、お散歩気分でゆったり散策できます。一部の飲食店は朝の4時まで営業しているお店もあるので、ナイトスポットとしても楽しめます。

2.なんば(大阪・ミナミ・難波)

梅田エリアとはまた違った雰囲気で、大阪らしい雰囲気の街。「なんばパークス」「なんばCITY」「なんばウォーク」などの複合商業施設のほか、食べ歩きで有名な「道頓堀」が近くにあります。「なんば高島屋」、「なんば丸井」などのデパートもあります。道頓堀観光のついでに散策する良いでしょう。

■アクセス:

■見どころ

・なんばパークス:http://www.nambaparks.com/access/train.html

ファッション、グルメ、雑貨・小物などの店舗が200店以上あり、映画館や緑あふれるパークスガーデンもあります。ファミリーやグループで楽しめるので、ランチや休憩にもおススメのスポットです。

・千日前道具屋筋商店街:https://www.doguyasuji.or.jp/access.html

大阪の「食」を支える道具街で料理・厨房道具の専門店が並ぶ商店街でプロの料理人もよく利用しています。包丁や鍋、鉄板などの他、日本らしい食品サンプルや看板など、飲食店で必要な道具が何でも揃い、見ているだけでも楽しいですよ!

3.心斎橋(大阪・中央区)

日本の江戸時代から発展した商業エリアで、現在は、老舗デパート「そごう心斎橋本店」と「大丸心斎橋店」などがあります。長堀通の南側から宗右衛門町通まで、約580mの心斎橋筋商店街には、創業数百年の歴史あるお店から、最新のファッション、雑貨、薬局、100円ショップをはじめ、多種多様なお店が並びます。カフェやグルメ店もあるので、ランチや休憩にも困りません。心斎橋駅からなんばまで商店街を通り抜けると道頓堀、なんばの駅周辺に着くので、大阪の街歩きに最適なコースです。貸切車で送迎してもらうとショッピングしても安心です。

■アクセス:

■みどころ

・心斎橋筋商店街:http://www.shinsaibashi.or.jp/

近年では外国人観光客も増え、定番の観光地となっています。見た目にも可愛く、趣向を凝らしたスイーツや「ユニクロ」、「GU」といったファストファッション店も。老舗の和菓子店もあります。訪日外国人向け総合観光案内所もあります。大阪の庶民的な商店街の雰囲気を楽しめます。

日本の観光情報を発信中

メールマガジン

日本国内各地の観光情報、旅行時のアドバイス、日本文化・慣習を中心に情報をどんどん発信してまいります。また、最新旅行トレンドも随時ご紹介をしてまいりますので、ぜひご購読ください。